dmをfaxで送る今どきの活用方法教えます

dmを良く受け取るという人も多いと思います。dmとはダイレクトメールの略称で、企業の広告が多く使われています。郵便やメールといった媒体を利用し、企業が直接広告を送ってくる事を意味しています。それは企業にとっては非常に有効的とも言われている広告方法であり、さまざまな企業が利用しています。誰もが一度は受け取った事があるのではないでしょうか。個人情報が何処からもれているのかと思われがちですが、例えばお店でポイントカードや会員カードを作ったとします。その時に名前や住所などの個人情報を記載すると思います。その情報を元に、企業が新商品の案内やお買い得情報などを記載したハガキや手紙を送ってくるのです。消費者側からしても、興味のあるものが送られてくるので、お得情報などは特に見逃せませんね。そんなdmですが、faxで送られてくる事もあります。

dmとfaxの関係性について見ていきましょう

faxとは電話回線を用いて画像や文字の情報を送る技術の事を指します。メールが普及する以前、画像や文字などの情報は郵送するなどして相手に送る事が一般的でした。しかしそれには費用も時間もかかってしまいます。それを解決したのが、faxなのです。faxは郵送よりも早く安く、情報を送る事が出来る為、非常に有効な手段として多く普及していきました。メールが一般的に普及してきた近年も、多くの会社が利用しています。そしてそれはdmにおいても同様です。dmをfaxで送る事により、送信単価が安くすみ、原稿作成も用意に出来る為、手軽に利用する事が可能になっています。メールによるダイレクトメールの送付も手軽ではありますが、デメリットも多く存在します。それはfaxにおいても同様ですが、次項で詳しく説明していきます。

faxでdmを送る事のメリットとデメリット

dmをfaxで送る事のメリットを先述した以外で挙げます。郵便で届く封書などは開封する手間などが必要ですが、faxではその手間も無く目に留まりやすくなっています。つまり、見られる事なく捨てられてしまう可能性が減ってきます。そして、メールと同様ですが、すぐに送れる事も挙げられます。業者によっては大量に一斉送信できる事もありますので、非常に良いスピード感です。そしてメールと異なるのは、紙媒体のため保管しやすいという事です。メールですと、一回見てもまた開かなくては見られません。逆にデメリットですが、faxの紙やトナーは相手側の負担になる為、クレームに繋がる事も考えられます。白黒で一枚分しか送れない為、伝えたい事が多くある場合限られた情報しか記載できない事もデメリットと言えます。デメリットを理解した上でfaxによりdmを利用すれば、大いに活用できるでしょう。