dmをfaxで送る時の気をつけるべき注意点

宣伝効果を期待して、様々なサービスを利用している企業は多く存在しています。その中で、コストが低く、継続して反応を得ることができるなどの点から、多くの企業が利用しているのが、faxでdmを送る方法です。FAXDMと呼ばれます。郵便などでのダイレクトメールと比べて、開封する手間が省けるため、目に留まりやすく、また、自社を認知してもらいやすいので、効率的な営業ツールとなっています。しかし、手当たり次第に送るのでは効果が薄く、逆に相手先からのクレームに発展してしまう可能性があります。また、内容をしっかり記載していても、情報量が多すぎると一番伝えたいことが埋もれてしまい、的確に伝えることができません。自社のサービス内容にあった企業に興味を持ってもらう為にも、FAXDMとはどのようなものなのか。faxで送るメリットや注意するべき点は何なのかを見ていきましょう。

faxでdmを送るメリットとは何なのか。

そもそも、FAXDMとはどういうものなのでしょうか。FAXDMとは、faxを使って対象の企業宛に、一斉送信でdmを送ることができるサービスです。コストは低く、原稿が出来上がってすぐに送信することができます。また、FAXDM代行業者に依頼をすれば、こちらで送信リストを用意する必要がありません。一度にたくさんの企業に送ることができ、紙で出力されるため、目に留まる確率が上がるだけでなく、興味の引く内容であれば手元に残してもらえる確率も上がります。保管していただければ、送信後も継続して反応を得ることが可能です。対象の企業を絞り込むことによって、そこに合わせたデザイン、キャッチフレーズを決めやすく、局所的に宣伝することができます。ただしその場合は、文字数制限などがある為、限られた中でいかに目を引く内容のデザインにするかが重要になってきます。

FAXDMを利用する際に注意するべき点は何か。

FAMDMにはたくさんのメリットがあることを挙げましたが、その一方で、基本的なことや注意点をおさえずにdmを送信してしまうと、クレームに発展してしまいやすくなってしまうというデメリットがあります。では、どのような点に注意すると良いのでしょうか。一つ目は、相手先に負担がかかってしまうという点です。当然faxなので相手先の紙やインクを消費してしまいます。興味のない内容のfaxが送られてきた場合、いい気はしません。二つ目は、デザイン性を考える必要があるという点です。用紙1枚に載せることができる情報には限りがある為、いかに興味を引く、要点をおさえた内容であるかが重要であると言えます。最後は、今後のfax送信の不要チェック欄と、再度送ってしまうことがないように、配信停止リストを作成する必要がある点です。相手先が不要と判断した際に、その欄に記入して返信するだけで済むような配慮が必要です。