オススメのfax向きのdmデザイン

dmは、封書やハガキ、冊子などで企業や団体などの広告を行う営業スタイルの一つです。新聞の折り込み広告と違って、事前に本人から渡された基本情報、年代や関心事などをもとに提案する商品を選択して宣伝するので、顧客獲得や満足度の高い広告であると言われています。しかし、広告制作にかかる費用は全て会社持ちになるため、予算を抑えられる方がよいことは間違いないでしょう。特にラベル貼りや封入作業の手間や発送費用、用紙代はダイレクトにかかってしまいます。このような場合、faxでdmを送るという方法はコストカットに有効的な手段と言えます。ウェブ広告という方法もありますが、検索結果によって表示させる広告は競争率が高く、単価が高めになってしましますfaxによるdmは一通あたりの単価が数円で、他の媒体での広告費用に比べて予算を抑えることができます。

faxによるdmでの広告は、楽で営業効果もよい

faxを媒体とした手法は、大幅なコストカットが可能なことはいうまでもありませんが、他にもメリットがあります。封書やウェブメールによるdmは、開封してもらえない場合もありますが、faxだと用紙が直に出てくるので、手に取って何が書いてあるかを確認する目的で見てもらえるからです。開封させるためのデザインや工夫がfaxのdmには必要ないということです。又、送付リストさえあればすぐにでもdmが送れるといったスピーディさも大きなメリットです。この手軽さを武器に、送付時期のタイミングや、徹底した顧客のニーズを分析してリスト化することで、広告営業の効果は更に高くなると思います。又、世の中の情報を常にキャッチしてそれをfaxのdmに反映させることも売り上げ貢献に大きく影響します。

限られた空間の中で最大のアピールをfaxでdmを送る

faxのdmは、送付先の用紙とインクが広告として使われます。したがって、ほとんどの場合、A4用紙に白黒印刷で広告が出されます。枚数も基本は1枚限りです。白黒印刷の広告となると、他のカラー広告と比べて見劣りすることは間違いないですが、限られた条件の中で、最大限にアピールするには、伝えたい内容よりも、広告のデザイン力が重要になってきます。送付先によって見せ方の構成は変える方が効果はあるので、いくつかのパターンを作っておく必要があります。そこから、伝えたいポイントを多くて3つ程度に絞っておき、それに合わせたタイトルをつけます。そしてポイントごとの補足説明を書き、問い合わせ先や特典がある場合はわかりやすいように記載するなど、目にとまりやすいデザインに仕上げる必要があります。